ハーブについて

ハーブというと、香りの良い植物のことを言います。
料理に使用するだけではなく、デオドラントとしての使用されることが多いです。
その程度の認識度ですが、海外では医薬品としても使用されている草です。
しかし、日本でも民間療法的に、傷に効く“草”として、ハーブの働きとして伝承されているものも少なくありません。

もともとハーブは野草、草の意味があって、その地方や地域に古くから生えている植物を先人の知恵で様々な用法で使用していると言っても良いでしょう。
どちらかというと、外国のものと考えてしまうのは、伝統が長い事と料理に使用する頻度が多いからでしょう。
また、ハーブティーとして楽しんだり、実は美容に良いとわかったりと用途が広いからです。
しかし、身近なハーブは日本にも存在します。

和テイストということで、日本のもはハーブらしくないのですが、植物をたべる習慣が多い和食は、ハーブを口にしていることも多いとされています。
実際にはハーブティーといっても、カタカナの言葉のものがとても多いので、海外のものを口にしていることが多いという印象です。

日本では医薬品としての取扱はないものの、これを飲むと調子が良いというものも結構多いのですが、ということは効果も大きいということですから、飲み方等も気をつけなければなりません。
昔から言われる飲み合わせに注意の言葉がありますが、ハーブティーなどにも決まり事が多いと言われていますから、飲み方には気をつけましょう。


≪特別外部リンク≫
医薬品の品質を誇るドイツのハーブティーを購入出来るサイトです ... ハーブティー

Copyright © 2014 日本のハーブについて All Rights Reserved.